ヘザーヒルズファームからのお便り
ヘザーヒルズファームからのお便り

ヘザーヒルズファームからのお便り

ヘザー・ハニー収穫の準備です

2020年7月7日

ヘザーヒルズ スコティッシュ ハニーのファンである日本の皆さま如何お過しですか? コロナウイルスによる日本経済への影響はどの様ですか?

私達は昨晩ヘザー・ハニーの収穫準備で、今年初めて巣箱をワイルド ヘザーの咲く荒野へ移動させました。 巣箱を移動させるのは夜か早朝です。 なぜなら、ミツバチ達が朝 活動を始める前に、夜になって巣箱で休んでいる間に移動させなければなりませんから。 私は朝3:30に起きますが、もう年をとったので大変です。 1,300もある巣箱を移動するのにはしばらくの間は忙しい早朝と夜が続きます。

今年は晴天が続きます様にと願いながらの作業です。 しばらくは連絡出来ないかも知れませんけれど、ヘザーヒルズ ヘザー・ハニーが沢山収穫出来る様に祈っていて下さいね。 

マークより

とても嬉しいです

2020年6月27日

日本の皆さまこんにちは。 ここスコットランドはコロナウイルス問題も少しずつ良い方向に進み、私達の生活も緩やかですが通常に戻りつつあります。

私達はコロナウイルスの流行がピークの間もミツバチ達の世話を続けなければなりませんでした。 一日も休むことなくです、大切なミツバチ達ですから。 私達が良く世話をしていたからでしょうか、ミツバチ達はブロッサム・ハニーを作る為とても良く働いてくれました。 ブロッサム・ハニーの収穫は一週間くらい前から始まりました。

兄のバーナードは巣箱に沢山集まったブロッサム・ハニーを見てとても満足しています。 なぜなら、昨年ブロッサム・ハニーは殆ど採れなかったからです。 ブロッサム・ハニーが沢山採れたと云うことはミツバチ達の健康状態が良好で、次に収穫するヘザー・ハニーの収穫に影響するからです。

今年はとても乾燥した春でしたので、今の雨は嬉しいです。 でも、ヘザーが咲く時期の雨はとても困りますけれど。。。

マークより 

ロンドンを出港しました

2020年6月19日

2019年産のハニーは6月1日ロンドンから出港しました。 日本に到着するのは7月20日頃になります。 やっと船積みすることが出来たのです。 コロナウイルスの影響で予定通り作業が出来ずにいたので、やっとほっとしました。 抗生物質の検査は5種類、糖分および水分の割合い検査も終わり相変わらず糖分の割合いが素晴らしいですよ。 糖分と言うとお砂糖と思っている人が日本では多いと聞いています。 糖はいろいろありますので間違わない様にと願っています。 

近いうちにまたニュースを送りますので、少しお待ち下さい。 今はブロッサム・ハニーの収穫で忙しい時期です。   

マークより

とても良い天気です

2020年5月2日

ヘザーヒルズ ファームがあるここパースシャーはとても良いお天気です。 太陽の光が降りそそぎ、雨が降らないのです!!! こんな事はとても珍しので私達は幸せです。 COVID-19はスコットランドでも大変で外出禁止になっていますが、ここパースシャーは他の地域より感染者がずっと少ないです。 早くこの忌まわしいウイルスによる感染症がなくなってくれることを願っています。

はちみつの出荷も遅れています。 私達のスタッフはこれからしばらくはお休みしなければなりませんので、船積み予定は今のところ分からない状態です。 

日本の皆さま、殺菌力が抜群の私達のヘザー・ハニーを食べて新型コロナウイルスに負けない様にしてお過し下さい。

また、連絡します。    マークより

2週間病院でした

2020年3月3日

日本の皆さんお久し振りです。 私は2週間病院にいました、そして快方に向かうまで更に10日間かかりました。 と云うのは、エジンバラにある私の自宅兼オフィスがある建物が火事だったのです。 私の火災報知器が夜中に切れてしまっていた様で鳴らなかったのです。 煙で目が覚め、逃げようと階段への廊下で煙にまかれて分からなくなり、煙を沢山吸い込んでしまいました。

いま私は殆ど元に戻りましたけれど、4日間は気が付かず、その後は肺を綺麗にするため10日間酸素吸入しなければなりませんでした。 それは体力を使い果たしてしまう程大変でしたけれど、いま私は命があり、ここに居られる事が幸せです。

私は今週から仕事に戻りました。 スタッフ達や周りの人達に会えることは素晴らしいことです、特に私の大好きな番犬のルディに。

ここは2週間ブリザードが続きました。 今は雪に変わりました。 こちらはまだまだ冬です。

シェイラ アンド ロコのロコがチョコレートを送ってくれていましたので、私の快復には最適なプレゼントでした。 私はチョコレートが大好きなのです。

日本は新型コロナウイルスで大変ですね。 ヘザー・ハニーは最高級のはちみつです。 最高品質のはちみつが呼吸器系の病気には最適で、古代ギリシャ時代から使われていたのですよ。 私達のヘザー・ハニーを食べて少しでも健康でいて下さい。 コロナウイルスに負けない様に!

マークより

今年は特に。。。

2019年10月26日

日本のヘザーヒルズ ハニー ファンの皆様久し振りです。 お元気ですか?

日本は台風で沢山の河川が氾濫して大きな被害が出ているとの事、スコットランドからお見舞い申し上げます。

今年、ここパースシャーの天候は本当に悪かったです。 ブロッサム・ハニーの収穫は極わずかでしたし、ヘザー・ハニーの収穫もいつもの年の半分以下です。 すでに10月も終わりに近くなってしまいましたが、いまは最後のヘザー・ハニーの収穫をしています。 来週には終わります。 その後はすべての巣箱を集めて長い冬に備えて巣箱全部をシェルターに入れます。 巣箱を移動する時は夜か朝早く太陽が昇る前に行います。 毎年巣箱をシェルターに入れ終わると、ミツバチ達が無事に冬を過ごせるようにと祈ります。

収穫がとても少なかったので、日本にヘザー・ハニーを出荷出来るかどうかと云うところです。 でも、日本のファンの人達の事を考慮しなければなりませんね。 では、また連絡します。 次回はいつになるかわかりませんが。。。。

マークより

今年は暖かい冬です  10th Mar  ’19

2019年3月10日

ここパースシャーは先週天候が良かったです。太陽が輝き、気温も14度まで上がった日もありました。 珍しい事です。 ある人達は今年はもう冬が終わったと言っていましたが、週末は強い風が吹き雨も降って、再び寒くなりました。 今年はとても雪が少なく、グレンシー(スキー場)ではスキーが出来ませんでした。

スノードロップの花は終わり細い葉だけになり、エジンバラでは水仙の花が咲いています。

私達のミツバチ達は健康で活動的ですが、私はまだ春ではなく冬に戻るのではないかと思っているので慎重にしなければならないと思って居ます。

日本の気候はいかがですか?  またニュースを送ります。    マークより

スコットランドを出港しました 28th Mar ’19

2019年3月9日

2018年産ハニーは2月25日スコットランドを出港しました。 日本には3月末か4月初めに到着予定です。

通関時に必要な糖分検査証はシェイラ アンド ロコに送りました。 ロコはヘザ-・ハニーの品質が素晴らしく良いと言っています。 もちろんブロッサム・ハニーも良いですよ。 日本の基準よりずっと良いです。 抗生物質の検査も終わりました。 私達のミツバチの健康状態はいつも良好ですから、はちみつの品質も素晴らしいのです。 スコットランドの冬は極寒の上長いです。 私達は冬の間ミツバチ達にヘザー・ハニーを与えます。 通常、養蜂家たちは花のない時期は粗糖と言ってお砂糖を採った後の糖をミツバチ達に与えます。 でも私達は大事なミツバチ達の為に私達が販売するヘザー・ハニーを与えるのですよ。 それでいつも最高品質のはちみつが出来るのです。 私達、ヘザーヒルズ ファームのヘザー・ハニーの品質が最高であると云う事をご理解いただけましたか?

では、またすぐニュースを送ります。   マークより

 

暖かい冬です

2019年2月1日

日本の皆さまお元気ですか? 2019年も私達ヘザーヒルズ ファームのはちみつを食べて下さいね。 この冬はスコットランドも暖かくクリスマス シーズンも-5℃にしかなりませんでした。 例年ですと-20℃位になるのですが。 暖かいので嬉しいです。 毎年寒さの為ミツバチ達が死んで巣箱が半減してしまうのですけれど、今年は沢山残ってくれることを願っています。

今、シェイラ アンド ロコへ送るハニーのビン詰めをしています。 私達は出荷時にビンに詰めます。 それから日本へ送るための荷作りをします。

シェイラ アンド ロコは私達のクローバー・ハニーを輸入していますけれど、日本にはニュージーランドから直接に輸入されているクローバー・ハニーがあるはずだけど何故かと尋ねました。 ロコの話ですと、私達のクローバー・ハニーは何処のクローバー・ハニーより品質も良く美味しいとのことでした。

また、ニュースを送ります。     マークより

もうすぐ冬です 25th Oct. ’18

2018年10月25日

日本の皆さまお元気ですか?

7月以来のお便りです。 7月から10月初旬まではヘザー・ハニーの収穫で一年で一番忙しい時期でしたので便りを送ることが出来ませんでした。10月はミツバチ達をシェルターに集めます。 巣箱の移動はミツバチ達が眠っている間に行わなければなりませんから、夕刻から朝、太陽が昇る前にします。 ミツバチは冬眠はしませんから、スコットランドの冬の寒さに耐えることが出来ないミツバチは死んでしまいます。

7月末に駐日英国大使館の公邸シェフ・吉田龍樹さんがヘザーヒルズ ファームに来てくれました。 彼は養蜂を手伝ってくれました。 良い経験になったのではないかと思っています。 7月末はベル・ヘザーが咲く時期でした。 龍貴が手伝ってくれた間、ベル・ヘザーのはちみつは約4トン採れました。 ほんの少しです。 龍貴が写真を送ってくれましたので、皆様にもお見せします。 では、またニュースを送ります。 マークより

このページのトップへ

ページトップへ