ホーム>自慢の品質

自慢の品質

ハチミツ

ヘザーヒルズ・スコティッシュ・ハニー

ヘザーヒルズ・スコティッシュ・ハニー

ヘザーヒルズ・スコティッシュ・ハニーを語る上で欠かせないのは、いかに汚染のない美しい地域で採れるハチミツであるかということです。
水・土地・大気・蜜源(花の種類)そして蜜蜂の管理がハニーの品質を左右する大きな要因です。

ヘザーヒルズ・スコティッシュ・ハニー

ヘザーヒルズ・スコティッシュ・ハニーが採れる地域は、スコットランドの心臓部といわれるパースシャー地域で、
美しく可愛らしい街ピトロッホリィと真っ白なブレア城があるブレア・アソール、
それとヴィクトリア女王の心を虜にした素晴らしい景観のロイヤル・ディー・サイド。
これらを結ぶ最も風光明媚な場所です。

ヘザーヒルズ ブランド スコティッシュ・ハニー

ヘザーヒルズ・ファームの人たちが丁寧に心を込めて生産しているスコティッシュ・ハニー、2004年イタリアで開催されたスローフード・ショウで絶賛されました。特にヘザー・ハニーは一度味わうと忘れられなくなる程魅惑的な味わいです。

2011年秋にはヨーロッパに於ける食品展でヘザーヒルズブランド ヘザー・ハニーは「金賞」を受賞しました。
その素晴らしい品質と美味しさが評価されたのです。
皆様も是非、ヘザーヒルズ ブランドのヘザー・ハニーを味わって下さい。きっと納得されるでしょう。

ワイルド ヘザー・ハニー(ヘザー・ハニー)
ワイルド ヘザー・ハニー

スコットランド ハイランド中部から北東部にかけて自生するワイルド ヘザーはスコットランドの人達がもっとも愛する植物です。

極寒の丘陵や荒地にのみ育ちますので、エネルギーを沢山蓄えています。
7月末から9月いっぱい、時には10月初めまでの長い期間咲き続けます。
お米粒くらいの極小さな桃紫色の花をつけ、丘陵や荒野いっぱいに咲き乱れ、特に8月は美しい景観を作ります。

左の写真はそのワイルド ヘザーの花から採れたヘザー・ハニーです。
品質の素晴らしさと美味しさで「金賞」を獲得したのです。
見るからにその美味しさを想像出来るでしょう?
 

金賞

左は 「金賞」 のマークです。

ウイスキー・ヘザー・ハニー
ウイスキー・ヘザー・ハニー

ヘザー・ハニーにシングルモルト ウイスキー「エドラドール」を香り付けに加えています。
小さなお子様やアルコールが苦手という人にも食べて頂けるほどの極微量です。
ヘザー・ハニーとは全く異なる味わいですから、両方とも楽しんで頂けますが、ちょっぴり大人の味わいです。

ウイスキー・ヘザー・ハニー2

右の写真は「エドラドール蒸留所」です。(日本ではエドラダワーと呼ばれています)
スコットランドで一番小さい蒸留所で現在も3人で造っているので、年間の生産量は限られています。
ヘザーヒルズ ブランド ウイスキー・ヘザー・ハニーに加えてあるのは「エドラドール」の10年ものです。
この蒸留所のショップでも販売されています。

 ブロッサム・ハニー
ブロッサム・ハニー3

ヘザーヒルズ ファームがある地域 パースシャーはベリー類の産地です。
6月になるとまずストロベリーの白い花が咲き、ミツバチ達を誘います。
それから、次はラズベリーの薄いピンク色の花が咲きます。
パースシャーには野生のラズベリーが群生している地域があります。

ミツバチ達が容易に花蜜を見つける事が出来る環境がそこにはあるのですよ。

ブロッサム・ハニー

ストロベリー・ラズベリー・グーズベリーなど、春の花蜜からミツバチ達が集めて磨き上げたハチミツです。
ベルベットの光沢をもつブロッサム・ハニーはどなたにも好まれる優しい味わいです。
まるでお菓子を食べているような錯覚をするほどで、年によって、ストロベリーの味わいがしたり、ラズベリーの花が沢山咲いている時のブロッサム・ハニーは少し酸味があったり、またグーズベリーは酸味の中にもほんの少し渋みを感じたりと、ブロッサム・ハニーも採れた年によって異なるので、楽しいハチミツです。

現在皆さまに味わって頂けるブロッサム・ハニーはストロベリーの味がします。
特に透き通ったところを食べますとストロリーの味そのものですよ。ブロッサム・ハニーも是非味わって下さいね。

ブロッサム・ハニー2

ヘザーヒルズファームではストロベリー・ラズベリーも生産しています。
左の写真を見ると、ストロベリーの美味しさも伝わって来ますね。

ヘザーハニーで美しいお肌作りを

いま自然な美しいお肌作りが世界中に広まりつつあるそうです。
お化粧品・サプリメントといろいろ女性の心を捉える為に情報があふれていますが、ヘザーヒルズ ブランドのヘザーハニーを使えばどんな高価なお化粧品やサプリメントよりも優れた働きを期待出来ます。何故って大自然の恵みをそのまま使うからです。

すごく簡単でお手軽です。ヘザーハニーを毎日食べて身体の中から、そしてお肌に直接つけて身体の外から。

ヘザーハニーを小指の先くらいの量を手にとって水(またはごく自然な化粧水)で溶かし、肌に置くようにつけます。夜、お休み前になさる方はそのままお休み下さい。
朝はお水で洗顔するだけでしっとりお肌になります。毎日続けることをおすすめします。

あとはヘザーハニーをいつでもどこでも、お好きな時に召し上がって下さい。
疲れた時にティースプーン1杯をお湯に溶かして飲むと素敵なドリンクになり、20分位で気がつかないうちに疲れが取れているのが分かります。
疲れた時そのままスプーンで食べても良いのですが、お湯に溶かすとゆっくりと楽しむことも出来るのです。
レモンなど入れないで下さいね、胃に負担をかけてしまいます。必ず、毎日食べて下さい。

是非、お試し下さい。継続は力ですから、必ず毎日休まずに!

ヘザーヒルズ・セレクテッド・ハニー

オレンジブロッサム・ハニー

ヘザーヒルズ・セレクテッド・ハニーはヘザーヒルズ・ファームの経営陣の一人 マーク・ヌーナン氏が何度もヨーロッパを訪れ彼等のハチミツの品質に相応しいものを探しました。

スペインからはオレンジ・ブロッサム・ハニー
フランスピレネー山脈に自生する山栗のハチミツ、マロン・ハニーです。
いずれも品質の高いハチミツばかりです。

そして近年ニュージーランドから品質の高いクローバー・ハニーを探し、
ヘザーヒルズ・セレクテクテッド・ハニーに加えました。

ヘザーヒルズ・セレクテッド・ハニー
  • マロン・ハニー
    フランスのピレネー山脈に自生する
    山栗の花から採れたハチミツで格調高い味
  • オレンジ・ブロッサム・ハニー
    スペインのセビリア地方に咲くオレンジの花
  • ライム・ハニー
    ハンガリーの肥沃な土地に育つライム・ツリー(菩提樹)の花から
  • クローバー・ハニー
    ニュージーランドの大地に育つクローバーの花から

それぞれに、異なった味をお楽しみいただけます。

クローバー・ハニーは花粉が含まれたセットハニーですが、その他は花粉のないクリアーハニー(透明なハチミツ)です。

ヘザーヒルズ・スコティッシュ・フレッシュ ジャム

スコティッシュ・フレッシュ・ジャムはレストランのシェフをしていた経験のあるマーク・ヌーナン氏のレシピで彼自身が手作りしています。
こだわりはハニーファーム近郊で採れたフレッシュ・ベリーだけを原料とし、
水を使わず、スコットランド伝統のブラウンシュガーで作っています。
フレッシュ・ベリーが採れた日に採れた量だけを小まめにジャムにします。
これもスコットランド気質の現れでしょうか。

日本人が好きなマーマレードは作りません。スコットランドでは柑橘類が採れないからです。
でも、マーマレードはスコットランドのダンディー市が発祥の地なのです。
柑橘類が採れないので柑橘類のジャムにあこがれたのかもしれません。

  • フレッシュ・ラズベリー・ジャム
  • フレッシュ・ストロベリー・ジャム
  • フレッシュ・ブラックカラント・ジャム(ブラックカラント=カシス)

他の種類のジャムは作りません。フレッシュフルーツが手に入らないからです。
現在美味しいブルーベリーをハニーファームの近くで生産している人を探しています。
見つかれば、フレッシュ・ブルーベリージャムも作る予定です。

ハーブティー

カフェインのない飲物・ハーブティー

ハーブティー2

ハーブティーってカフェインがないのですか?と度々お客様からご質問があります。
レッドシール ブランド ハーブティーに限って言えばもちろんカフェインは含まれません。
ご質問されるお客様にお尋ねしますと、紅茶(イングリッシュ・ティー)にハーブを加えたものが多いのです。
間違った情報しか伝わっていないのでしょうねー、残念ですが…

ハーブティーに関してのことは、是非シェイラ アンド ロコにお任せ下さい。
正しい情報を差し上げますし、また、ご相談にもお答えします。

レッドシール社のハーブティー

レッドシール ブランドのハーブティーは世界中のどのハーブティーより優れています。
何故?って、それは使われているハーブの名前と共にその学名が記されているからです。
例えば、一口にミントと言っても、ミントには沢山の種類があります。ペパーミント、スペアミント、アップルミント、レモンミントなどなど、これらの学名はすべて異なります。

一例ですが

ペパーミント Peppermint (mentha piperita)
スペアミント Speamint (mentha spicata)
アップルミント Applemint (mentha suaveolens)
レモンミント Lemonmint (mentha aquatica)

レッドシール ブランド ハーブティーは使われているハーブが単品の種類と沢山のハーブがブレンドされている種類があります。
沢山のハーブがブレンドされているティーはブレンドを均一化する為にわざわざ細かく刻みます。
その為、無漂白のサシェーにしてあります。サシェーから刻まれたそれぞれのハーブを取り出して調べた場合、学名通りのハーブがブレンドされいることが明確になるのです。

この様な訳でレッドシール ブランド ハーブティーは最も安全なハーブティーと言えます。
美味しいことは論外ですが…

レッドシール ブランド ハーブティーは素晴らしく美味しいと言うだけでなく効用も抜群であることは、レッドシール ハーブティーを飲んだことのある人でしたら納得です。

レッドシール社のハーブティーはサシェー(糸が付いていないティーバック)になっています。
糸が付いている方が入れ易いと思われるでしょうが、糸を無くしたのには理由があります。資源の無駄になるからです。日本の人の中にはサシェー(ティーバック)になっているのだから粗悪品と思っている人が多いのです。
レッドシール ブランドに限って言えば、それは当てはまりません。

ハーブティーによってはいろいろなハーブがブレンドされたもの、単品のものがあります。
カモミール・ラズベリーリーフ・ペパーミント・レッドブッシュは単品でハーブは1種類です。
その他のハーブティーはその効用に合わせて、いろいろなハーブがブレンドしてあります。ブレンドを均一化する為にそれぞれのハーブを細かく (1~3mmくらい)にわざわざ刻んでいます。
その為にサシェーにしてあるのです。納得でしょう?サシェーも無漂白の紙を使い、ホチキスや糊を使っていません。
サシェーのまわりは圧縮でシールしていますし、紙の味が出ない様に研究されています。ご存じの様に、漂白された紙・ホチキスなどの金具・糊はハーブの成分を変えてしまう場合があります。

さらに、レッドシール ブランドのハーブティーは日本の薬事局の許可を取っていますので、安心してお飲み頂けます。どのティーを飲み合わせても、何杯飲んでも薬としての働きはなく、あくまでもティーなのです。
ハーブの中にはその使う量によって薬になってしまうハーブもあります。薬事局にはハーブの種類・使っている部位(例えば葉とか花とか根といった具合)をどの位の量を使っているかを提出しますし、製法も提出します。ハーブはその部位によって働きが異なるものが沢山あります。
因みに日本で販売されているハーブティーのうち薬事局の許可を取っているブランドは現在のところレッドシールを含めて2社だけです。
ご存じですか?ハーブは身体に良いからと言ってどれも良いと言うものではないのです。

ハーブティーの美味しさを

ハーブティー1

ハーブティーはちょっと苦手と言う人がいらっしゃいます。
きっと美味しいハーブティーに出会ったことがないからかも知れません。

レッドシール社のハーブティーの美味しさは他に類を見ませんし、その効用も抜群に良いのですからもっとハーブティーを飲みましょうと声を大にしてお知らせしたいです。
ハーブティーが他のお茶類より優れているのはカフェインがないからです。

緑茶・イングリッシュティー・中国茶・コーヒーはカフェインを含みます。カフェインはアルカロイドの一種です。
アルカロイドと言うのは少なくとも窒素原子を1個含む活性有機化合物で、強い効能を持っていますが、有毒でもあるのです。
しかしアルカロイドは数多くの薬品の原料となりますし、新薬を作るときに必要な物質です。
お茶類 (緑茶・イングリッシュティー・中国茶)はカテキンを含み身体に良いと言われていますが、カフェインが含まれる為良い効果だけではない事を知って頂きたいです。

メゾン・ド・ハラのパンとお菓子

横浜・野毛山にあるレストラン&カフェ 「メゾン・ド・ハラ」。
オーナーシェフの原さんが精魂こめて作るパンと焼き菓子。 お客様からの注文に応じて焼くパンはイチジク入りの可愛いパンです。
イチジク入りのパンはどこにでもありますが、原シェフの焼くこのイチジク入りパンは他では味わえない逸品です。
冷蔵庫で保管出来、1ヶ月以上保ちます。冷蔵庫で保管しても味も食感も変わりません。製法に秘密があるのです。

まだ販売していませんが、試食をした人達は口をそろえて 「美味しーい」

焼き菓子は今のところメレンゲだけです。原シェフのメレンゲはウズラの卵よりちょっと大きめですが、繊細で、そーっと持たないと崩れてしまいそうですが、透明感のある甘さが見事です。
只今、試食のみですが、試食なさったお客様はみなさまやっぱり 「甘さがほどよく、軽やかで美味しーい!」

注文と販売はシェイラ アンド ロコ 自由が丘店のみですが、もちろんレストラン&カフェ「メゾン・ド・ハラ」へ行くと購入出来ると思います。
お料理もデザートも原シェフが心をこめて作りますから、素晴らしく美味しいです。ランチ・ディナー・ティータイムにもご利用下さいませ。

ページ上部へ